動物の遺棄は犯罪です〜ご協力お願いします〜

2018年9月9日午前2時10分に当院に子猫が遺棄されました。

動物の遺棄は、動物愛護法27条より、犯罪であり違法行為に当たります。ましてや、開院までの7時間、目も開いていない乳飲み子を遺棄することが、どんな結果に繋がるか。

既に警察には届けを提出しており、犯人を捜すべく捜査を開始して頂いておりますが、真夜中の出来事ですので、情報が不足しております。どんな些細な情報でも構いません、何かお心当たりがある方は当院までご連絡下さい。宜しくお願いします。

動物病院の前に捨てれば育ててくれるだろう、と思われる人もいるようですが、大きな間違いです。遺棄された動物を保護することで、限られた入院スペースが失われ、重症の患者さんの入院を断らなければならない事態になることもあります。また、世話に時間や人員を費やされることによって、外来診療や入院患者さんに費やすべき時間や労力が失われる場合もございます。

動物病院は、病気の動物を治療する場所であって、飼えない、あるいは保護した動物を預かる場所では無いのです。勿論、この仕事をしている限り、助けられる命は助けたいと思っていますが、当院はドクター1人と看護師1人の体制で診療をしておりますので、現状では動物の保護活動に貢献することは不可能であり、その結果として、通院下さる患者さんに迷惑をかけることは出来ないのです。とても悔しく思っています。

なお、実際に動物を遺棄した結果(保護した動物であっても)、検挙された例もございます。

*遺棄時、子猫が入っていた容器(ダイソーの300円のケースにグレート縞の服が敷いてありました)

KIMG0506 (1).JPGKIMG0505.JPG

 

動物病院がどれだけ迷惑か、勝手に遺棄することがどれだけ非常識な行為かが分かると思います→https://togetter.com/li/987801

 

では、どうしたらいいのか? 参考にご覧ください→

https://nekochan.jp/cat/article/1288

http://www.sh.rim.or.jp/~misshie/animal%20rescue.htm

http://www.pref.osaka.lg.jp/doaicenter/doaicenter/index.html

*念のため。各愛護団体さん、公的機関は、飼い主の勝手な都合で飼えなくなったペットを引き取る場所ではございません。どうしても飼えない事情があるなら、まずは相談すべきです。勿論、せめて自分で里親を探すぐらいの努力をするのが当然だと思いますが(それが生き物を飼うことに対する責任だと思います)くれぐれも、勝手に遺棄するのは辞めて下さい。

▲このページのトップに戻る